読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超絶パズドラ攻略wiki

モンストやパズドラ、ポケモンなどの攻略

歩くごとに見えた悲劇

いつも運動不足解消のために歩いている公園がある。

元軍用地で、500ヘクタール以上あるスペースが解放され、公園になったのだ。

とにかく広くて、ただ歩くにしても、飽きないほどいろいろあって楽しい巨大公園だ。

子供が遊べるスペースや、メリーゴーランドがあったり、、野球用、サッカー用のフィールドなども、いくつもある。

今も建設中のコンサートホールなどがあり、どんどんスペースがアトラクション用に生まれ変わっている。

その公園で、いつもと違うコースを歩いてみた。

サッカーをする子供たち、中には女子のサッカーチームもあって、活気があるエリア。

元気な子供たちのエネルギーを感じながら、ゆっくりと歩いていると、ふと足元にいろいろ書かれている文字が目に入って、足を止めた。

そこには世界で起きた、出来事が記されていた。

何年にどの国がどの国を侵略したかというのが目に入り、下を見ながら、数歩進むごとに出てくる歴史の中の爪跡に、足取りは急に重くなった。

戦争に関するものばかりで、、、元軍用地であることの名残をこんな形で記したのだろうか??

そんな事を思いながら歩いた。

日本に関するものも沢山あった。

日本の真珠湾攻撃のこと、日系人が収容所に集められたこと、日本に原爆が落とされて戦争が終結した事、、、どれもこれも、笑顔で散歩などしてられないような内容ばかりだった。

恐ろしい歴史の重みを感じながら、それを踏みしめながら通り過ぎた時思った。

人間って、愚かだ、、、経験から、何も学べてないと。

世界は一体、いつになったら 平和とよべるようになるのだろう。

重い足取りで下ばかり見ながら、暗い気持ちになっても、明るい子供たちの声が聞こえてきて、違和感を感じた。

自分が立っているその空間だけ、別世界にいるような感覚で、暫くそこから動けず、、、通り過ぎた後も、もやもやした気持ちは、その場から脱出できてない。

ふと思い出したことがある。

日系人の知り合いのおじいさんが、収容所に入った人たちは一人当たり1万ドルもらえるんだよ、と。

嬉しくもないけど、わしらは酷い目にあったんだから、それくらいもらって当然だって、笑いながら言ったのを思い出した。

どんな気持ちで話してくれたのだろうかと、今更ながら、考えている。